【雑談】シルクスクリーンその他

NO IMAGE

服が好きになり、自分の手で作ってみたいと思う様になりました。

まずは簡単そうなTシャツから始めてみようと思い、シルクスクリーンから初めてみたので、そのやり方を簡単に記録しておこうと思います。

オリジナルTシャツの作り方

オリジナルでTシャツを作ろうと思うといくつかのやり方があります。

①デザインをデータで作成し、印刷はプロに任せる。

おそらくこれが一般的なやり方かと思います。イラレとかを使ってデザインし、データを業者に送ることで製品を作ってもらう。安いところであれば1枚1000円程度からやってくれます。中高生の頃クラスでTシャツを作った時のやつですね。

②シルクスクリーンで自作する。

自分でデザインしたものを自分が買ってきたTシャツに印刷する。シルクスクリーンのやり方はいくつかありますが、とりあえず始めるのであれば5000円あれば始められます。これプラスTシャツの代金ですね。

それぞれメリットあるのですが、個人的にはシルクスクリーンの方が愛着が湧く気がするので挑戦してみて欲しいですね。

正直業者に任せる方が印刷のクオリティも高くて完成度高いです。

ではなぜ私はシルクスクリーンなのか、、、

いくつか理由があります。

まず一つはデザインをデータで残せないこと。そのスキルが圧倒的に足りない。もう絶望するほどに。場合によってはイラレ指定されることもあります。うん、素人にはちょっとだけ手が出しにくい。

次に、Tシャツのボディが選べないこと。これが一番でかいです。ボディというのはTシャツ本体のこと。これって実は無数に種類があるのですが、業者に頼むとある程度指定されます。printstarとかgildanとかunited athreとかが一般的です。皆さんも首のタグのところをみると書いてあったりするのでみてみてください。(特にバンドT)

僕はこのボディを自由に選んで作りたかったわけです。この話は【ディティールについて】でまた話すと思うのですが、このボディの違いで着心地が変わってきます。洗濯した時のくたびれ方とか。

こういった細かな違いがそのブランドの違いにもなってくるのだと思います。

それに正直オリジナルTシャツ作りましたって言った時によくあるやつじゃなくて拘ってつくってたらなんかかっこいいじゃないですか!(ほとんどの人はわかってくれないけどね)

でもそう言ったこだわりは少しづつあなたの周りを豊にしてくれるのではないかとおもってます。

話がそれましたね。

シルクスクリーンのやり方を簡単に紹介します。

今回は感光フィルムとか使わない方法にします(初心者はとっつきにくいしね)

ニューカッティング方とか言われるシルクスクリーンのやり方です。

写真付きのやり方は次回載せるので手順だけ。

①絵を書きます。

②その絵を水に濡れても平気な紙とかビニールに移します。

③その絵を切り抜きます。

④木枠とかにメッシュシートを貼り付けます。

⑤切り抜いた絵をその木枠に貼り付けます。

⑥インクを載せて刷る。

終わりです。

簡単そうでしょ?

簡単です。

今回は写真はあえて載せません。

次回は写真をつけてもう少し細かく解説するので一緒にやってみましょう!

ぱと

DIYカテゴリの最新記事