【第2回】コンクリートのイメージ向上委員会 化学混和剤編

本当に第2回ができるとは、、、

さぁ、今回もやっていきいましょう!

コンクリートは生き物!?

コンクリートの中身については前回の記事に書きましたので今回はもう少し詳しく書いていこうと思います。

コンクリートって実は半永久的に強度が上がっていきます。水を供給し水和反応を半永久的に進行させることにより強くなっていきます。そういう意味ではコンクリートは生きているのかもしれません。

コンクリートは材料の状態と混ぜ合わせた状態(フレッシュ状態、生コン)、固まった状態(硬化コンクリート)の大きく分けて3つあります。

前回の記事でもさらっと話しましたが、材料の中には混和剤という皆さんの聴き慣れないものがあったと思います。

その混和剤がとてもすごいのでそれについて紹介します。

混和剤!?混和材!?

ここでは混和剤です。お間違い無く。

混和剤とは、多種多様な性能を持ち、コンクリート自在に操る魔法の薬である。ということにします。(識者の方には誤解を招きそうな表現ですが、あくまで何も知らない方向けに書くのでこの表現で許してください。文句はコメントで、、)

この魔法の薬はなぜ存在するのか、、、

皆さんコンクリートを使ったことはありますか?使ったことがある方はわかると思うのですが、コンクリートって固まる時間がわかりづらくないですか?

まだ固まらないの?

もう固まっちゃったの?

とか

そんな時に混和剤を使います。コンクリートは固まるまでの時間をある程度コントロールすることができます。

コンクリートは夏と冬で固まる時間が異なるので夏は早く固まってしまい、冬はなかなか固まってくれません。この時間をコントロールしないと冬の時期は工事業者さんの仕事が進まなくて大変です。そんな時に混和剤でコントロールするわけです。

混和剤のすごいところはこれだけじゃありません!

これまで不可能だった強さのコンクリートを作ることも可能になりました!

長くなってきたのでそろそろ終わりにしますが、ひとつだけ覚えて欲しい混和剤の名前があります。

高性能AE減水剤

これだけです。

これであなたも混和剤を知ってるよって言えます!

高性能AE減水剤についてはまた別の機会に詳しくお話しします!

混和剤を使ってみよう!

混和剤は一般の方はなかなか入手できません、、が

身近なものを混和剤として使うことは、、、できます!

それは塩と砂糖です!

意外でしょ?

コンクリートに塩を混ぜると早く固まりやすくなり、砂糖を入れると固まるのが遅くなります。皆さんもコンクリートを扱う際は試してみてはいかがですか?

混和剤について今回はこれまで!

また次回!!

ぱと

About (株) PSYCHIC TV 203 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*