【雑学】ディティールについて

NO IMAGE

どんなことも気になる性格のせいか、細かいことが気になってしょうがありません。小さい頃から時計を分解したり、誰も読んでない様な教科書の隅っこの文章をよく読んでいました。

大人になってからもその性格は変わらなかったのですが、大人になってから特に気になっている物が一つあります。服です。

別にヴィトンやグッチを購入できるほど裕福ではありませんのでハイブランドに特別詳しくなったわけではありません。

では、服の何が気になっているのかと言いますと、服のディティールです。

服のディティールという言い方が正しいのかわかりませんが私はそういうことにしています。

具体的には服の縫製やパターン、素材、その生産背景など多岐に渡りますが、つまり服を作るまでに一体誰がどの様に考え、私の手元までどの様にしてきたのか。それが気になるわけです。

社会人になり、今までよりも多少裕福な生活ができる様になると衣・食・住のクオリティーが上がりますよね。(趣味に全振りする方もいらっしゃるとは思いますが、ここでは触れないことにします)

ただ漠然と良いと思う家に住み、良いと思うものを食べ、良いと思う服を着る。幸せなことです。だけど、わたしはそこに理由が欲しいと思ってしまうわけです。例えば服なんて極論全部古着で靴とかシャツとか最低限だけもっていれば良いわけです。けどなかなかそんな人いませんよね。みんな、なにか気に入った物を買ってしまうわけです。私にとってはそのサービスに対して納得しないとお金は払いたくないわけですよ。逆に納得すれば多少のカネは目を瞑って買ってしまうわけです。(限度はありますが)

そこで、私が納得できた理由達をここで紹介していきたい!

そういうわけです。

長くなりました。。。

ここから本編です。

やめときます。次回から気に入っている物とそのディティールについてご紹介していきます。

次回は、靴かパーカー、Tシャツもいいなぁ

ぱと

ファッションカテゴリの最新記事