日本初の野外フェス!簡単解説!!

NO IMAGE

毎年夏を騒がしてくれる音楽の祭典、野外フェス!この季節には欠かせない恒例イベントになってきました!

今年は残念ながら新型ウィルスのせいで中止のイベントが殆どなので、今年はお家で屋外イベントを楽しみましょう!!

という訳で今から全国の野外フェスを紹介をしようと思ったのですが、もう読みやすいまとめサイトがいっぱいあります、、、敵わない。

なので日本初の野外フェスについて簡単に解説したいと思います!!

では早速参りましょう!!

1969年8月9日18時 岐阜県中津川

雨降る中、日本初の野外フェスが産声をあげました。その名も

全日本フォークジャンボリー

この時代はGS(グループサウンズ)が落ち着いて学生運動が過激化する中、よりメッセージ性の強いフォークソングがこの頃の若者の心を揺れ動かしていました。(映画「パッチギ!」がちょうどこの時期)

1969年から1971年まで3回行われたこのイベントはその名の通りフォークソングをメインにした日本初の野外フェスです。

正直時代背景とか言われてもよくわかんないと思うので、「全日本フォークジャンボリーのここがスゴイ!」を個人的にまとめました!

全日本フォークジャンボリーのここがスゴイ①

アメリカの「ウッドストック・フェスティバル」より数日先に開催された!

ウッドストックが最初行われたのは1969年8月15日から17日まで開催されたのでフォークジャンボリーの方が先に開催されました。(ウッドストックが分からない若者はwikiで調べて下さい。アフロが神様になったステージです。)

全日本フォークジャンボリーのここがスゴイ②

動いてる「はっぴいえんど」が観れる!

「風をあつめて」「しんしんしん」などで有名なロックバンドはっぴいえんどの動画があるのは実は結構レアなのです。売れる前に活動を終了してしまったのであまり動画が残ってない!だがフォークの神様「岡林信康」のバックでやってる「私たちの望むものは」は今でもYouTubeで見る事ができます!この会場に俳優の佐野史郎がいたとか、、

全日本フォークジャンボリーのここがスゴイ③

めっちゃアマチュアでてる!

正確には売れる前のアーティストがアマチュア時代に出演しているということ!

吉田拓郎、なぎらけんいち(いっぽんでもにんじんの人)、加川良(教訓1)などフォーク界の重鎮がアマチュア時代に出ているいわば登竜門的なステージでした!

全員誰だ!分かんねえ!知らねえよ!という方ご安心下さい。いずれ私が「日本フォークソングの夜明け〜そして歴史は繰り返される〜」を書きたいと思っておりますので、それまでお待ち下さい。(掲載時期未定)

「現代の音楽を少し掘り下げて探求したいけど何から聴いたらいいのか分からないよーこのハゲ」と思いながら実家の壁に穴を開けているそこの若者!

そんなあなたの「キッカケ」になればと思いこのブログを書いてみました。拙い文章ですが最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは皆さまご自愛ください。バイチャ

たまちゃん

音楽カテゴリの最新記事