QUEENとSEIKOのコラボ「セイコー5スポーツ」

NO IMAGE

みなさん、お気づきだろうか?

そう、私はいま「コラボ商品」に夢中である。世の中には、こんなものどちらが企画したのか、はたまた第三者(広告代理店というやつ)が企画したのか。その成り立ちは不明だが、“パッと見”ワクワクするような「コラボ商品」で溢れている。

それもそのはず、ひとつの商品に対して2つの看板(まさにダブルネーム)で魅力を伝えてくるのだがら、、なんだかお得な気分である。

main.jpgsub1.jpg

今回紹介したいのが、クイーンのギタリスト「ブライアン・メイ」と日本の歴史ある時計メーカー「セイコー」がコラボレーションした「セイコー 5スポーツ」である。

この時計、ブライアン・メイ自身が暖炉の木で自作したとういうギター「レッド・スペシャル」がモチーフになっており、まさにギターの色と形を思わせるデザインの中央部には「レッドスペシャル オートマティック」と書かれるのだ。

sub6.jpg

また高級時計特有のシースルーの裏蓋には「ブライアン・メイのサイン」と、世界9000本限定の証である「リミテッドエディション」という文字、そして、ひとつひとつのシリアルナンバーが刻まれる

sub3.jpg

付属のケースも凝っていて、ギターケースをモチーフにしているようだ。さらに写真はないが、ブライアン・メイおなじみの、ピックの代わりに使う「6ペンス硬貨」をイメージしたスペシャルコインまでついてくるという。

10気圧防水に対応、カレンダー表示機能付き、ステンレススチールケース、ナイロンバンド、価格5万8000円

 

価格5万8000円??

おい、ブライアン・メイ!Gショックより安いぞ!

sub4.jpg

コラボ商品にも様々あるが、これまでの「スポーツカーモデルのバイク」とは違って「ギタリストモデルの腕時計」はナンセンスだ。

「仮面ライダーの靴」を買い与えるような親になってはいけない。

ドゥカティとランボルギーニのコラボ「DIAVEL 1260 LAMBORGHINI」

MVアグスタとアルピーヌのコラボ「Superveloce Alpine」

ファッションカテゴリの最新記事