(株)サイキックTVについて、2021年の展望

(株)サイキックTVについて、2021年の展望

色々なことを「始めてみては辞める」を繰り返してるように見えるかもしれないが、これはとにかく「点を打ち続ける」作業であり、「いつか線になる」なんて言うとアホっぽいが、30代になったときに「どこか手の引っかかる場所」「とっかかり」を作っておくことが大切だと信じて、、このブログも更新することにしよう。

そもそも2011年に、大学生の時のバンドから文字って「サイキックTV」というユーチューブチャンネルを作ったのが始まりである。当時まだ「ユーチューバー」という言葉もない時代にスマホで撮影した動画をコツコツ編集してアップしていた。近所の女子大の軽音部には好評だった(というかほとんどそのためやっていた)と記憶するが、僕たちが「バスる」ことはなかった。

そこから、編集技術の向上によるパワーアップ版「NEOサイキックTV」→就職による活動休止期間を経て復活となった「再サイキックTV」を挟み、今回立ち上げたいのが()サイキックTVである。

主な活動は「利益」を産むことである。会社だから当然だ。

具体的な活動計画をここに記そう

stand.fm

アイコン.JPG今我々が夢中になってやっているのがこれ、誰でも参加できる「ラジオ配信アプリ」といったところだろう。

最近盛り上がってきているようではあるが、まだまだ人が少ない印象。ただし、そのおかげで一人一人の存在感が大きいというか、、どんなに面白くないことをやっても、一応リアクションがかえってくる。少数派のコミュニティでマウントを取り合う、ツイッターの初期のような「懐かしさ」がある。

今のユーチューブでは、一般人が気軽に動画をアップして「バズる」可能性は0に近いだろう。「バズる」どころか本当に自分しか再生していない、、、誰にも見られないどころか、検索にすら引っかからないのが現状。本当にアップされているのか?と疑いたくなる。

しかし、それもそのはず、巷には「ユーチューブコンサル」なる職業もあるようで、頭のいい人が「いかに再生回数を稼ぐか」を主においてキチンと動画を作成しているのだから、一般人のただ撮っただけの映像には、もう入り込むスキがないのが現実だ。

話はそれたが、数週間前に登録した「stand.fm」ではすでに1000フォロワーを達成。ツイッターなどと違って「アクティブユーザー」が多いのが特徴で、プロフィール欄にリンクを貼ることで、我われの「ツイッター」「ユーチューブ」「ブログ」に流れてくる人が多い。

今の所「stand.fm」単体での収益化は難しいと思われるが、全体的な集客力という意味では、期待以上の効果を発揮しているのだ。

そして、重要なのがコンテンツの中身「何を話すのか?」である。

・30歳を目前に根本にある「〇〇」を決める

これは、これまでの人生で我われを培ってきたモノを決めるという企画。例えば「30歳を目前に根本にある“邦楽バンド”を決める」では「大塚愛」など、実体験をもとに同世代なら「確かに」と思えるものを話し合うのである。

・今日の学ぶべきニュース

これは、世に溢れるネットニュースの中から「気になったニュース記事」をピックアップ。概要を紹介して、議論。最後にこのニュースから学ぶべきものは何なのかを決定する。

・72時間ぶっ通し配信!フォロワー1000人行くまでやめません

3連休を利用して行った企画、これにより見事1000フォロワーを達成した。よくある企画だと思うが、stand.fmではまだ誰もやっておらず、インパクトがあった様子。他のライブ配信を聞きに行くと「あ、72時間の人だ」と言われることが多々ある。

・【緊急配信】永野芽郁ともう一度コラボするまでやめません【僕たち怒ってませんから】

これは、stand.fmを賑わせた「永野芽郁のニセモノ配信騒動」に便乗したもの。ある日突然始まった「永野芽郁の生配信」に多くの投げ銭が集まり、見たこと無いほどコメントが流れた。そしてその視聴者の中からコラボ配信に選ばれたのが、我われのチャンネルなのである。当時はまさかニセモノと疑う余地もなく、突然コラボに選ばれたオカザキは「何か質問ありますか?」と聞かれて「最近嬉しかったことは何ですか?」と聞いたのである。その後我われのチャンネルで余韻を生配信していたところ、あれはニセモノ(声のそっくりさん)では?というコメントを多数いただき、翌日公式がニセモノと発表した。ちなみに一緒に配信していた浜辺美波はひどい完成度だったらしいが、そもそも浜辺美波の声を知らないおじさんたちは全く気がつかなかった。

この件に関しては、賛否(stand.fm内では圧倒的に否が多い)あるが、個人的には素晴らしい企画だと思うし、まさに「声のみ」という特性を生かした。完璧なる計画的「バズり」である。

是非もう一度コラボして「当日までの経緯」や「バズるための極意」を教えていただけないだろうか?我われは全く怒っていませんから。

・30歳目前クッキング(仮)

これからやりたい企画。何の料理を作っているかをクイズにしたもの。自宅で料理をする音のみをヒントに「今卵割ったな」や「炒めている音がするぞ」などから予測し正解を導き出す。途中「ここで醤油を入れます」みたいなセリフがヒントになることも。

You Tube

先ほど素人が入り込む余地が無いと書いたが、それでもまだユーチューブに動画を上げたいという人は多い。「やりたいことはあるけど、撮影や編集の機材やスキルがない」そんな人の為に撮影と編集を請け負うユーチューブコンサルを始める。そしてその宣伝のためにも以下のチャンネルを立ち上げて収益化を狙いたい。

・あらたのクルマ

これは我が子(3歳)がプレイステーション5で「グランツーリスモ」をゲーム実況するチャンネル。そもそも3歳になったらレーシングカートを始めさせたかったが、タイミングよくグランツーリスモの新作が発売されるとのことなので、これで様子を見たい。ユーチューブでは幼児のゲーム配信というジャンルはまだ誰もやってないようで、勝てる見込みはあるかと。ハンドルコントローラーなども本気のやつを揃える予定である。レーシングカートを始めるよりは安い。

最新】おすすめハンコン7選!ハンドルコントローラーで楽しさアップさせよう!(PS4・PC対応) - わんらぶ魂!

 

というようにあと半年くらいは、「stand.fm」「YouTube」「ブログ」を育てる期間にしたい。どれか一つでも集客できれば相乗効果が見込めるのだ。

実際このブログもstand.fmとの相乗効果で、最近は1日40〜50人の閲覧数がコンスタントにある様子。意外とすごい。

生活に役立つことカテゴリの最新記事