田舎者がよろこぶ「東京土産」

NO IMAGE

東京土産について書かれた記事に感化されて、私も書きましょう「東京土産」について

粋な東京土産を考える。

では早速、、、まずは

「生クリームあんぱん」パオン昭月(駒沢)

これ、芸能人なんかも現場への差し入れでもってきます。

何が美味いって、この「クリーム」。あんぱんのパサパサ感?あれが、この生クリームによって「ジューシー」な感じさえあたえてくれます。田舎者には想像もつかないことでしょう「あんぱんに生クリーム」なんて。

溶けないように夏場は販売していないそうです。すぐ売り切れるそうなので、予約してから購入しましょう。田舎者に東京のあんぱんってこんなに美味しんだと分からせたい、そんな一品。

「フルーツ大福」覚王山フルーツ大福弁才天 銀座店(銀座)

偉い人と食事会に行く時、手土産になやみますよね?そこで最近よく使うのがこの「フルーツ大福」。季節ごとにフルーツが変わるのもお土産にはいいかなと。最近銀座にオープンしてから何度か買いましたが、実は渡すばかりで食べたことはない。高い。1つ800円〜

そしてこのお店、本店は愛知県でした。まぁ田舎者には関係ない。

塩大福か豆大福でお茶を飲んでる田舎者に、この「ジューシーさ」を味わってほしい。そんな一品。

田舎者に喜ばれるお土産、鍵となるのは「ジューシーさ」なんじゃないでしょうか?

「クッキー」HUDSON MARKET BAKERS (麻布十番)

「アメリカンスイーツ」のお店です。もはや東京土産じゃないですが、、、「フルーツ大福」と同じく偉い人との食事会で手土産として持っていくのがここのクッキー。

スタバの「チョコレートチャンククッキー」好きですか? あれを「もっと上品にした感じ」。これが一番わかりやすい説明。普通のクッキーに比べると、ある種ジューシー。

パサパサ好きの田舎者にはジューシーな洋菓子食わせたい。


田舎に持って帰るのに、日持ちしなさそうなものばかり選びましたが、田舎とはいえ飛行機で1時間半。午前中に買えば、夜には田舎者が物珍しそうに蓋をあける様子が見られます。

もう大人なんだから、空港で「東京ばなな」みたいな箱型のしょーもないお土産を買って帰るのはやめにしましょう。あれは東京に旅行に来た田舎者が買って帰るものです。

グルメカテゴリの最新記事