TOKYO2020お盆ド暇問題について。

気付けばもうすぐ7月も終わり、あっという間にお盆が来ます。

例年通りであればお盆の前半数日はキャンプ。そのあと実家へ帰って両親とゆっくりお寿司を食べながらお酒を飲んだり、甥っ子と遊んだり、清水夫婦と鬼太郎ロードを散歩したり、、、

けど今年はそうは行きません。

両親ももういい歳だし、甥っ子はまだ小さいし、流石にコロナを持ち帰る訳にもいかず帰省は断念しました。

キャンプの方も今年はタイ旅行を予定してた事もあり、今から国内で予定立て直すのも難しそう。

さて、、、

TOKYO2020お盆ド暇問題発生です。

俺だけじゃないよね?何するか考えましょう。

案1:スタジオ合宿

まぁ流石に合宿は無理だから、例えば毎日3時間づつ朝と夜にスタジオ入るとか。

ノルマは新曲4曲追加。そして全曲レコーディング。フルアルバム完成。曲目は以下の通り。

インスト曲
死にたい
新曲
猫舌(弾き語り)
新曲
歪む
新曲
かなしいうた
この家
忘れる人
新曲
ジュディガーランド

大学生の頃、部室がスタジオだった僕らから考えればたいした練習量じゃありません。

むしろ少ないくらい。

案2:PV撮影

ここは世界的な大都会東京、街中でいろんなPVが撮れるでしょう。

「歪む」「ジュディーガーラン」「死にたい」のPV撮影をしよう。

「ジュディーガーランド」とかこんな感じで撮れないかな。

探せばいろんな撮影スポットがあるはず。

案3:ガチ勉強

この機会に本気で何かを勉強するのはどうでしょう。

もちろん勉強したものがすぐに役立つとは限りません、むしろ役に立たない可能性の方が高いかもしれません。

でも、いつか点と点が繋がる時がきます。

プログラミング

野平さんが手取り足取り教えてくれます。

目標は1人ひとつアプリ製作。

英会話

教えられる人はいないけどネットにいくらでも勉強できる環境は存在します。

目標は渋谷のHUBでバンド経験ある外国人探してバンドメンバーに勧誘。

何かしらのメンバー入れ替えになっちゃうけどそれも経験ということで。

資産運用や投資について

元手がない今、すぐに役立つとは思えないけれど勉強しておくべきだとは思います。

多分ね。いろんな人がそう言ってる。

ガチでワインを勉強するとかどうでしょう。品種とか歴史とか生産地とか。

他にもいろんな料理についての勉強とか。

衣食住は生活にきっても切り離せない項目。食について知識があるに越したことはありません。

美味しいものを食べに行ってウンチク語れるようになるだけでもOK、語れないよりはマシ。

得た知識を持って街へ繰り出そう。

何かの資格

それぞれが興味ある分野の資格取得に向けて勉強しましょう。

資格ビジネスという言葉が生まれてから国家資格以外は持ってても意味がないという意見も大きくなってきてるけれど、興味のある分野であればいつかきっと役に立つはず。

案4:芸術活動(バンド以外)

千原ジュニアの紙粘土のように、何かを創作しましょう。

同じく紙粘土でもいいし、油絵、千切り絵など、写真もいいですね。

他にも詩や俳句なんかもいいのでは。

最終的に作品をネットで売ってもっとも高値で作品を売った人の勝ち。

案5:ゲーム

ゲームを買うところから始める人も多いと思うけど、、、

フォートナイトやろうよ。(まだ流行ってるよね?)

各自家から出ずに出来るから感染対策はバッチリ。

案6:お金稼ぎ

ジャンルはなんでも良いです。

目標はお盆の間に30万円。

大の大人が何人も集まって知恵を絞ればいけるでしょう。


ちなみに私は今週の4連休も暇です。

About (株) PSYCHIC TV 203 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

1 Trackback / Pingback

  1. TOKYO2021お正月ド暇問題について。 |

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*