【必見】お部屋探しの闇

コンニチハ。
Mr.Tデス。

今回は私が以前、勤めていた不動産仲介業者の闇について語っていきたいと思います。

 

超簡単な不動産業者のお金の流れ

仕事の流れは上記の画像通りなのだが、これにはお金の流れが書かれていない。

仲介業者はこうやって稼いでいるんです!

仲介業者は主にお客様(入居者)からお部屋を決めた報酬として、仲介手数料を頂きます。

法律で家賃1ヶ月が上限です。

まあここまでは良い。

お客様が納得するまでとことん付き合うし、1日で決まらない事もザラにある。

内見を6件も行こうとするお馬鹿さんや、暇だから見に来たのか?と思うほど決める気がない暇人も相手にしなければならない。(接客業なので仕方ないのですが)

お部屋が決まっても、管理会社とのやりとり・申込書・鍵の手配やら大変なので少し高いが正当報酬かな〜と思う。

しかし駅前の不動産屋にこんなノボリや広告がたってませんか?

仲介手数料0円

これが厄介の種なんだと思う。

 

仲介手数料0円⁉︎元職場の手口

 「仲介手数料が主な収入源のはずが0円だと⁉︎これではボランティア活動になってしまうではないか!」と心配しちゃったそこのアナタ!侮るなかれ!

元職場の手口を覚えてる範囲で解説します。

一番多いネットの問い合わせから解説

①SUMO、ホームズなどのお部屋探しサイトを見たお客様から連絡くる

②空いてるかどうかも分からないのに「まだ空いてます!内見出来ます!」と、とりあえず言う。(そもそもSUMOやホームズは2週間前の情報だからね!空いてるかどうかは管理会社しかわからない!そして確認は取らない!)

③「オーナーさんにお客様の事をご紹介するので、受付とらせて下さい」と、訳分からん事言ってお店に来て貰う。

④ご来店!ここで初めて管理会社に確認!(空いてない可能性大)

⑤問い合わせの物件は大体手数料0円物件なので、諦めて貰う!

ここでワンポイント!(ここで正直に空いてない、内見出来ないと言ってはならないのよ!交通費返せってなるからね!)

諦めポイント!

「隣の人がベランダで植物飼ってて、管理がズサンで虫が酷いのですが、、、」女性は大体これで諦めて貰えます。

「1階に管理人さんが住んでて、ゴミ出しにとてもうるさい。酷い時は袋開けてチェックするそうで、、、」大体、これでOK🙆‍♂️

⑥諦めて貰えたら、同じ様な物件を案内して手数料を貰う!

これを純粋無垢な若者達に毎日やってると心が疲弊してしまって、辞めてしまいました。やっぱり正直な商売したいですね!

図面で確認すること!

基本的に最初の図面に書いてあること以外に、除菌・消毒クリーニングとか殺虫作業などを出せと言ってくるところは少し疑った方がいいです。

それは大体、です。お金だけ取られます!

24時間サポートとか高い請求をして半分はマージン貰えるようになってます。

あと「えらい、この物件勧めてくるなー」という物件の図面にADと書いてありませんか?

この物件は決まりにくいので、頑張って決めてくれた仲介業者にはお礼金を出します!っていうシステムです。

AD100と書かれていれば1ヶ月分のお礼金がでます。

このADばかり勧めてくる担当は要注意です。

商売と屏風は曲がらにゃ立たぬ

確かにそうかもしれません。けど嘘は良くない。

今回ご紹介したのは不動産仲介業者の一例です。

全ての会社が同じな訳ではないです。

辞める前に不動産を2社ぐらい経験した先輩が「ここはとってもホワイトだよー」と笑いながら言ってたのが忘れられないです。

お部屋探しは慎重に。

About (株) PSYCHIC TV 201 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*