【生月島 キッコー岩 さしみ醤油】大分空港で買っためちゃ美味いもの

大分空港で買ったもののほとんどが「調味料」であった。そしてその全てに「美味い」と感じ、冷蔵庫内のこれまでの調味料を全て入れ替えることになるのである。

10年近く九州を離れて過ごしたが、やはり「美味しい」と感じる味は九州のものなのだと再確認させられた。

そんな我が家の「さしみ醤油部門」がこちら

キッコー岩 さしみ醤油

スクリーンショット 2021-05-24 10.25.34.png

生月(いきつき)で生まれ育まれた故郷の味

岩野上醤油醸造場の生月醤油

創業は大正15年。建物の一部は戦前からのものであり、現在は三代目により受け継がれています。
生月町は漁業の町。地元の漁師さんに受け入れられる味ならば、地元住民にも愛されるはずとの思いで改良を重ね確立した醤油は、まろやかな甘みを持ち、刺身や煮付けなど魚との相性が良いのが特徴です。

360ml:通常小売価格340円→330円
1,000ml:通常小売価格691円→660円
1,800ml:通常小売価格1,160円→1,100円

こちらから購入できます

長崎県の生月島で作られるこの醤油、九州ではわりと有名で、いわゆる「甘いさしみ醤油」なのだが、これは「甘すぎない」。濃いけど「あっさり」。

スーパーの不味い刺身が10倍美味くなる。

「さしみ醤油+わさび」「さしみ醤油+マヨネーズ」「さしみ醤油+生姜」全てに合う。甘い醤油でこういうのは中々無いのである。

調味料のポイントはある程度の万能性だと思う。

【みんなのニラ醤油】大分空港で買っためちゃ美味いもの

【日向夏ごまドレッシング】大分空港で買っためちゃ美味いもの

 

About (株) PSYCHIC TV 196 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*