絵心がなくてもOK!文字情報だけで作る”読まれる”出産レポ

こんにちは、りさこです。

命を授かり、育み、産み落とした女神の皆様、健やかにお過ごしでしょうか?

コロナ禍で健やかも何もないかもしれませんが、とりあえず生きてればオールオッケーということで今日も頑張らずにいきましょう。

今回は、産後、多くのお母さんが書かれる出産レポについて、ひとつの発信方法をご紹介したいと思います。

出産レポって何?

いきなり本題ですが、出産レポって書きましたか?

よく、出産後のお母さんがSNSにあげている前駆陣痛(もしくはもうちょっと前)ぐらいから天使を産み落とすまでの記録のことです。

私はあんまりちゃんとしたのはつけていなくて、ママ友とのグループLINEで書いたぐらいでした。(そしてそのグループは消滅したので私の出産レポはなくなった)

完全に記憶が薄れるまでにどこかでちゃんと記録したいなーと思いつつ、できないまま1年を迎えようとしていました。

読まれる出産レポを書きたい!

ちょっと話それますが、出産レポって結構読むの大変なんですよ。

いや、読むのは楽しいんですけど、割と超大作が多くてそれなりに時間がかかる。

そりゃ、命を産み落とすまでの記録ですから、超大作になっても仕方ないと思います。

ただ、もはや足元には泣くのがお仕事の小さい生き物がいるので、その超大作に時間を割いて自由に読んでいられない。

結果、途中で読むのやめちゃったり、後で読もうと思って忘れちゃったりしたレポがいくつもある気がします(どこに行ったんだろうあの積ん読たち)。

だからこそ、せっかく出産レポ発信するんだから、読まれる形で発信したいなと思ってモヤモヤ……。

比較的読まれている(読みやすい)出産レポでよくあるのはマンガ形式でまとめられたものですが、そんな絵心ないし、わざわざ外注するほどでもないし……と、さらにモヤモヤ……。

文字情報だけで効果的に発信する方法

そんな感じでモヤモヤモヤモヤし続け、娘1歳の誕生日直前で思いついたのが「1年前の出来事をTwitterで実況しよう!」というものでした。

題して、「#1年前を邂逅するリアルタイム出産レポ」

これのメリットを挙げるとしたら、以下の通りです。

  • 時間で区切られているから、1回1回は短い内容になり読みやすい!
  • 実況形式なので続きが気になってタイムラインを追ってくれる!(かも)
  • ハッシュタグにしておけば、見落とした人もタグ検索で追いつける!
  • モーメントにまとめれば一覧性のある出産レポのできあがり!

あと、これは個人的な話ですが、私はマタニティアカウントはやっていなくて、出陣(本陣痛がきて病院に行くこと)ツイートをしていなかったので、あわよくば1年越しにみんなに応援してもらいたい!という裏テーマもありました。笑

#1年前を邂逅するリアルタイム出産レポ 準備

この出産レポをやるにあたって、準備しておくべきなのは、

予約ツイート

出産時刻とかによるかもしれませんが、お産の時間が長く夜中や早朝を経て出産する場合や、出産時刻自体が夜中や早朝の場合、それから、既に復職していて昼間はTwitterがいじれない場合など、先にツイートを予約しておくと、ツイートできずに空白の時間ができてしまうことを防げます。

あとは、時間があっても「あ、ツイート忘れてた!」となる場合もあるので、絶対にツイートしておきたい事柄(陣痛感覚〇分になった、破水した、産院に着いた、子宮口〇㎝になった、分娩台にあがった、産まれた!など)についてはツイート予約しておくのがオススメです!

#1年前を邂逅するリアルタイム出産レポ 本番

私の出産レポは、11/9 PM8:00に普段料理を全くしない夫が珍しくサンマを焼いてくれた話からスタートさせました。

ちょっと前の「嵐の前の静けさ」状態からツイートしておくと、なんとなくリアルタイム感が増す感じがしますのでご参考まで。

全容は以下からモーメントご覧くださいね。

結局読んでもらえたのか?

Twitterのアナリティクスによると、#1年前を邂逅するリアルタイム出産レポ の一連のツイートについては、

  • 最高インプレッション:1,000(出産レポの〆ツイート)
  • 最高エンゲージメント:110(産まれた瞬間のツイート)

という結果でした。

読まれたのかというと、普段の私のツイートの調子いい時とそんなに差がなさそうなので、微妙?という感じかなと思います。笑

ただ、読んでくれたフォロワーさんからは、「どきどきしながら見てた」とか、「臨場感があってめちゃめちゃ応援してた!」とか、「Twitter開くたびに楽しみにしてた」というリプももらえたので、視聴熱としては良かったのではないかと思います。

おわりに

せっかく発信するなら読まれたい!

ちょっと人と違う形でレポしたい!

という気持ちから思いついた「#1年前を邂逅するリアルタイム出産レポ」でしたが、書いている自分も1年前に戻ったようで懐かしい気持ちになったし、普段から私のTwitterを見てくれているフォロワーさんから応援していただけたりと、個人的には満足いく発信ができたかなと思います。

これから出産を控えている方、また、既に出産は終えているけど出産レポどうしようかなと思っている方、よかったらお子様1歳の記念に、リアルタイム出産レポ、やってみてください!

About (株) PSYCHIC TV 201 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*