[家で暇ならコレを読め:バンドマンの必読書]あれよ星屑

[家で暇ならコレを読め:バンドマンの必読書]あれよ星屑

皆さんゴキゲンヨウ!

ステイホームにも飽きた今日この頃。

皆さんどうお過ごしでしょうか?

「もう本棚のマンガ全部読み飽きたよー」と嘆いているそこのキミ!

時間を持て余しているならこれを読みやがれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

あれよ星屑

作者:山田参助

月間コミックビーム 2013年3月〜2018年1月連載

全7巻

中国からの復員兵、川島徳太郎(元班長)と戦場から帰ってきたばかりの黒田門松(元班員)。

東京を舞台にした戦後のドタバタ人情劇と、戦時中の軍隊時代が交互に織りなす物語である。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第5位!

「THE BEST MANGA 2015 このマンガを読め!」で第3位!

第23回手塚治虫文化賞にて新生賞を受賞!

あまりピンと来なかったので、手塚治虫文化賞の新生賞だけ調べてみました。

以下過去の受賞作品↓

中々の顔ぶれ。他にも受賞作品は沢山あるので気になる方は調べてみて下さい!

https://www.asahi.com/corporate/award/tezuka/

このラインナップにも引けを取らないのが、今回ご紹介する「あれよ星屑」

私が思うこの漫画の良いところは「台詞回し」「エロティック」!そこをサラッと紹介します!

必読書のココに注目①「台詞回し」

舞台は敗戦が色濃く残る東京。

主な登場人物は、

戦争で弟を亡くした人。

恋人を亡くした人。

仲間を亡くした人。

みんな悲しい過去を抱えている。

しかしみんな明るく、エネルギッシュに描かれている。

また時折垣間見える哀愁。それを引き立たせる「台詞回し」。

何度読んでも胸が詰まる。

必読書のココに注目②「エロティック」

作者の山田参助先生

ゲイ雑誌からデビューし、風俗レポートやエロ漫画を主に活動してきたらしい、、、

↑興味本位で買ってみました。

ハイテンションなエロ漫画でした。

あれよ星屑には「エロティック」が散りばめられております。

戦時・戦後の大胆かつ奥ゆかしい「エロティック」を是非堪能して欲しい!

まあ本編の4割ぐらい「エロティック」です。

そんな1ページ↓

最後に、、、

単行本4巻の帯コメントにあった

俳優 瑛太「どうか、この作品だけは実写化されませんように」

激しく同意である。

マンガカテゴリの最新記事