ブログのリニューアルに伴う、タイトル変更と(株)PSYCHIC TVのブランディングについて

日産自動車はCMに木村拓哉を起用したことによって、「まだ未発売のアリア」「最新プラットフォームの新型ノート」を含めた国内では一歩進んだ「電動化によるクリーンなイメージ」をうまく打ち立てたと思う。今となっては、日産のロゴを見てカルロスゴーンの顔を思い浮かべる方が難しいだろう。

そもそも、木村拓哉は近年までトヨタのCMに出演していた。そして「おじさんが乗る車」のイメージだった「カローラ」を、「かっこいい大人が乗る車」のイメージに変えてしまったのである。

このようにブランディング=「どのように見られるか」は、「このように見てください」と打ち立てることによって、ある程度こちらから操作することができるのである。

そして、このブログにとっての「このように見てください」が、ブログのリニューアルに伴って、これから考える「新しいブログタイトル」になるわけである。

ちなみにリニューアル前のブログタイトルは「PSYCHIC TV HOUSE 〜元バンドマンたちの情報発信コミュニティーサイト〜」だ。「このように見て欲しいブログです」というのが伝わりづらいし、「HOUSE」という言葉が意味をもっていない。。

ブログで打ち出したいものは?

「元バンドマンがあの頃のように”世に発表”できる場所」

これが2020年にこのブログを立ち上げた頃の「最初のコンセプト」だったように思う。30歳を目前に「再び集まってバンド活動」なんてもう出来なくても、それぞれの根っこにある「クリエイティブ」を表現して、私たちが一度味わってしまった「少ない賛同者と築く小さいコミュニティ(ライブハウス)」の”居心地の良さ”を再現したいのだ。だとすると、楽器を演奏せずとも「ブログを更新する行為」そのものが”バンド活動”となるのである。

「見てくれた人が、自分も”身内”だと感じられる場所」

もう一つ大切だと思うのがこれ。そもそもアマチュアバンドマン(大学生のサークルレベル)の曲を聞きにライブハウスまで来てくれる人というのは、「その曲を聞いた自分も”身内”としてバンドに参加してる感」だったり、「メンバーのファンで、その人を応援すること」が楽しいのであって、「曲が好きで、曲だけ聞いてくれる人」なんて居ないのである。もっと言うと、バンドマンはファンと行く打ち上げが楽しいがために、曲をつくり、ライブをしているのである。


 

あとは「普通にステキだな」と思えるタイトルにすること、学生の頃から「多くの人が良いというもの」に対しては「ひねくれた目線」で、そこから少し逸れたことを好む傾向にあるのは自覚しているが、それはタイトルにすべきではない。

「ひねくれた目線」を面白がってくれる人もいるのでやめる必要はないが、わざわざその看板を掲げることは自分の首をしめることになるのだ。

そもそもブログタイトルの前に、(株)PSYCHIC TV全体として打ち出したいものは何なのか、その辺りも整理する必要があるように思う。

img_9469e694253814713e99f94afa4198e0403890

(株)PSYCHIC TVとして

「やりたいこと」を「やりたいこと」で終わらせない

そもそも大学生の時期を共に過ごしたメンバーであるが、それぞれが社会人になり、がむしゃらに仕事を覚える時期も通過、30歳を目前にしたときに、これまで「やりたい」と思っても色々な障害(やってみると実は大したことがないモノが多い=Fコード理論)のせいで、何となくやらなかったものを全て「実行」していきたい。どんな些細なものでも、無意味に思えるものでも「人生に点を打ち続ける」ことで、いつか線に見えてくるのである。

各SNSで「小さいコミュニティ」を「たくさん作る」

全ての「やりたいこと」を実行するために、毎回必要になるのが「宣伝・集客」である。例えば「オリジナルTシャツを販売したい」と思っても、集客するプラットフォームが無いし、「ユーチューブに動画をアップしたい」と思っても、影響力のあるSNSで宣伝しないと誰も見てくれない。「カフェを開きたい」と思っても告知をする場が無いのである。

私たちは「レペゼン地球」ではないので、武道館を満員にしたいとは思っていない。「居心地のいい小さいコミュニティ」を作りたいのだ。そして、そこである程度の影響力をもつためには、その「小さいコミュニティ」を「たくさん」作るべきなのである。

そこでツイッターをはじめ、インスタ、ティックトック、スタエフ、ユーチューブなどなど、各自が活動を行い、それぞれを全て紐づけることで、全ての相乗効果を得ていきたいのである。とくにこれからも沢山でてくるであろう「新しいSNS」には狙いを定めて、積極的に取り入れていくべきである。

会社にして収入を得たい

今みなさんが働いているのは、(大企業・公務員を除いて)”何も考えなくても「普通に貧しい生活」が担保されてるだけのシステム”だと思った方がいい。良くも悪くも、多くのサラリーマンは「普通に貧しい」暮らしをして、「普通に貧しく」死んでいくだけなのである。もしあなたが、”会社で出世できる実力を持っている”という自覚があるのなら、とっくにフリーになった方がいい。

「好きなことでお金を稼ぐのは難しい」と言うが、何年前の話をしているのか、ユーチューバーはサラリーマンが徹夜して作った商品を動画で紹介するだけで毎月数百万円を稼ぐし、ツイッターに自撮りのコスプレとアフィリエイト広告を貼って大金を得ている女も大勢いる。だいたいウーバーイーツの配達員だって本気でやれば毎月50万円稼げる時代だ。普通のサラリーマンが「普通に貧しい生活」をするだけのお金なら、何をやっても稼げるといっても過言ではない。

ここ数年で「好きなことでお金を稼ぐことのハードル」は大幅に下がったように思う。よって正確に言い直すならば「好きなことでお金を稼ぐのは簡単になった、しかし大金を稼ぐのは難しくなった」。

このブログで全員が裕福になるほどのお金は稼げないだろう。ただ「人生に点を打ち続ける」そのきっかけづくりなのだ。

さぁ、これらを踏まえてブログのタイトル案を考えたいと思う


<タイトル候補>

 

・キムタクがCMに出演すれば、どんな商品でもカッコ良く見える説

・「楽器を弾かない」バンド活動のススメ

・俺の担当パートは「ブログの更新」

・ブログを弾け

・バンドマンは打ち上げにファンを呼ぶ

・ステキだな、と思えるブログ

・「やりたいこと」を「やりたいこと」で終わらせないブログ

・僕たちはレペゼン地球になりたい訳ではありません

・カカオで連絡を取り合った女とは絶対にヤレる

・裏垢と見せかけて自分の写真集を販売するコスプレイヤーはできる

・好きなことでお金を稼ぐのは簡単になった、ただし大金を稼ぐのは難しい


 

「PSY_TV」←だれかこの要素でロゴ作ってくれませんか?

About (株) PSYCHIC TV 201 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*