【長所】改めて”グレコ製レスポールカスタム”を考える【短所】

エレキギター界の大定番、大正義。ロックミュージック界の重鎮。レスポールギターについて記事を書くわけではありません。

「グレコ」のレスポールについて記事を書こうと思います。

私の所有している”グレコ レスポール”の感想

私は現在、グレコのレスポールギターを1つ所有しております(マネージャー坂本氏の父親が高校時代に買ったらしいモノ)。これがまたいい音なんです。

それがこちら。

概要

  • レスポールカスタム
  • ブラック・ビューティータイプ
  • アーチトップモデル
  • 約5kg(とにかく重い)
  • ネック太い

年季の入ったこのギターの音の特徴を一言で表すと「乾いた音」です。

グレコ製レスポールの「いい音」には根拠がある

ブログの文章でいい音だとか、乾いた音だとか言われても伝わらないですよね。さらにいうとエレキギターのいい音なんてのは楽器の中でも特に好みに左右されるジャンルの音になるので、実際に演奏動画のリンクを貼ったところで「へぇ、これがいい音。なんだ。へぇー、、」で終わってしまいます。なので皆さんが納得いく”いい音”の根拠をお話ししようと思います。

そもそもグレコとは1960年に日本の神田商会という楽器を主に扱う商社がプライベートブランドとして立ち上げたギターブランドになります。そう、グレコは日本製なんです。

グレコブランドでギターを製造し始めた当初はギブソンレスポールタイプを模したEGシリーズ、バイオリンベースタイプのVGシリーズなどを販売していました。その頃トーカイという日本のメーカーもギブソンのレスポールを模したLSシリーズを販売しており、グレコとトーカイで日本のギターキッズのシェア取り合戦をしていたそうです。

このレスポールタイプであるグレコEGシリーズは買うと教則デモテープがついていたらしく。エレキギターが流行っていた1970年代のギター初心者には大変嬉しい仕様だったのではないでしょうか。

今ではギブソンからオリジナルギターを発売するほどになった世界的ギタリストの松本考弘(B’z)も初めて買ったギターはグレコのEGシリーズだそう、教則テープを聞きながら練習していたと思うとなんだか親近感が湧きますね。

しかしグレコのエレキギターが選ばれていた一番の理由は「品質」になります。教則テープの有無でみんなに選ばれていたわけではありません。ギブソンに比べるとかなりの低価格でありながら、高品質。日本のものづくりに対する想いが本家ギブソンに勝るとも劣らない素晴らしいギターを作っていたのです。

ギブソン社によるコピー規制

そんな中、高品質ギターを作っていたせいで本家ギブソンから目をつけられコピー規制をかけられてしまいます。逆に言えばギブソンからクオリティの高さを認められたと言えるのではないでしょうか。名誉なことのように感じますが、1980年以降はコピー規制によりギターの販売が縮小してしまいます。

このような経緯から、下町の小さい居酒屋にいる音楽に詳しそうなロックおじさんたちは「おお、グレコか。昔のグレコはいい音なんだぞー」と言うのです。

岡崎
岡崎

趣味でバンドやってるんですよ。

音楽に詳しそうなおじさん
音楽に詳しそうなおじさん

おお、いいじゃねえか。どんなギター使ってんだ。

岡崎
岡崎

グレコのレスポール使ってます。

音楽に詳しそうなおじさん
音楽に詳しそうなおじさん

おお、グレコか!昔のグレコはいい音なんだぞー。(定型文)

グレコ レスポールの個人的に正しい使い方

個人的に!ですが。私の好きなセッティングを紹介します。

アンプの設定

  • スイッチ:Clean
  • Volume:8〜9(ギターを弾かなくてもジーッという音が出る状態)
  • Gain:4〜5(ボリュームはいじらず、ゲインで音量を調整します)
  • Treble:4
  • Middle:5
  • Bass:7

ギターの設定

  • スイッチ:センター
  • その他:フルテン

このセッティングであれば強いピッキングをした時にクランチっぽい音を出すことが出来て、優しいピッキングをした際には綺麗なクリーントーンを出すことが出来ます。

ぜひ試してみて下さい。

現在のグレコ

もちろん今現在でもグレコはギターを作り続けています。

コピーモデル特化ではなくシングルコイルを搭載した完全オリジナルギターも多数販売しており、今後も楽しいギターライフの手助けをしてくれることでしょう。

http://www.greco.jp

グレコのロゴは昔のコピーモデルを量産していた時の方が好きだなぁ。

ファイヤーバードについて書いたこちらの記事も是非。

About (株) PSYCHIC TV 203 Articles
30歳を目前にした元バンドマンたちによる情報発信コミュニティサイト! 不憫なサラリーマン生活から抜け出すべく、元バンドマンたちが本気で考える「生活のこと」「音楽のこと」「お金のこと」を共有するブログ。今からでも遅くない、人生100年時代を豊かに生き抜こう。 詳しくはこちら→More

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*