【あいつに教えたい今日の一曲】Taylor Swift – the 1

NO IMAGE

さて、始まりました新コーナーです。その名も

「あいつに教えたい今日の一曲」

ひたすらにブログ更新のハードルを下げたこのコーナーですが、みんなが毎日少しずつお気に入りの一曲を紹介してくれることを願って立ち上げました。

いや、自分がやりたかったってのが8割くらいはあります。

ジャンルを一切絞らずに各自好きな曲を紹介してくれたらと思います。今日の一曲と書いてますが、更新者が重なって同日の投稿が2記事になったって構いません。「あいつに教えたい今日の一曲」だけで毎日7記事くらいになっても全く問題ありません。今日の一曲ばかり更新してその他のカテゴリーの投稿が減った場合は困ります。何事もバランスが大事ですよね。

それでは

あいつに教えたい今日の一曲

Taylor Swift – the 1

Taylor Swiftがコロナ禍に創作したアルバム”folklore”のトップを飾る楽曲となっています。

このアルバムはなんの前触れもなく、突然テイラーがTwitterで「サプライズ🤗」と言って発表したことでも有名。もともとアルバム枚数が多くないテイラーだったのでファンは大パニック、その日のTwitter含むSNS界は大盛り上がりでした。アルバム名の「folklore」とは直訳すると「おとぎ話」であり、ファン達の熱狂とは真逆の落ち着いたアルバムとなっています。

とにかく今までのキラキラした楽曲のイメージとはかけ離れたシンプルでアコースティックな楽曲を揃えています。シンプルな曲こそセンスの見せ所だと私は思うのですが、このアルバムは本当にすごい。何度聞いても飽きない。さすが世界一のシンガーソングライターというか、ポップスの芯は残しつつオールドなアコースティックサウンドを作っていて。それでいて音楽の内容は最新。といったセンスが追いつかない人間には評価の仕方がよくわからないほどに素晴らしいアルバムです。

バンドマンという人種は「洋楽 ポップス」という単語に対して無意識に嫌悪感を覚える人が多いのは何故なんでしょう。かくいう私も昔はそうでした。テーラースイフトってあのテラスハウスの「ネバーネバー」の人でしょ?とかshake it offの金髪ネーちゃんでしょ?あんなの金儲けのためだけお音楽だ!と思っていた時期もありました。でもこのアルバムは違います。ぜひ聞いてみてください。

特にお気に入りなのがこの「the 1」なのですが、始めて聞いた時「I’m doing good. I’m on some nwe shit(私は元気にしているわ、新しいことに取り組んでいるの)」から始まる歌詞がこのコロナ禍における全世界への端的なメッセージとして唯一の正解なのではないかと思いました。

シンプルなギターとピアノ、そしてギターで構成されたあまり展開のない静かな曲が聞いていてとても心地よいです。

歌詞はこちらのサイトからぜひ。

https://note.com/swiftiemila/n/nb40c59582128

曲の感想がうまくまとめられません。是非聞いてみてください。

岡崎

あいつに教えたい今日の一曲カテゴリの最新記事